このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
AAR Japan[難民を助ける会] は
日本生まれの国際NGOです。






















2021年8月にタリバンが実権を掌握してから
アフガニスタンは初めての冬を迎えます。
氷点下10度まで気温が下がる厳しい寒さのなか、
避難民となった人々はテント生活を強いられています。
食料・毛布などを配付する緊急支援にご協力ください。


国内避難民となった人の声

村で大きな戦闘があり、すべてを失いました

ヤスミンさん(女性/仮名)

村で大きな戦闘があって、家族14人で命からがら安全な場所に逃げて来ました。食料も家財道具も何ひとつ持ち出せませんでした。農地を借りてコメ、麦、トウモロコシ、豆などを栽培して細々と暮らしていたのですが、そのすべてを失いました。孫娘のひとりは心臓に重い病気があるのですが、治療を受けさせるだけの貯えもなく、私たちにはどうすることもできません。

多くの避難民が支援を必要としています


アフガニスタンでは2021年8月、米軍を中心とした駐留外国軍部隊の撤退に伴い、イスラム主義勢力タリバンが実権を掌握しました。

しかし、国際テロ組織IS(イスラム国)による爆弾テロが起きるなど政情不安が続いています。家を追われた国内避難民が新たに数十万人発生し、食料不足などの人道危機が生じています。

また、アフガニスタンの冬は寒さが厳しく、首都カブールでは気温がマイナス10度となることもあります。防寒具や毛布などを持たずに逃げてきた避難民、特に幼い子どもたちにとって、厳しい寒さは命の危機に直結します。


アフガニスタンの現状

  • 支援を必要とする人々の半数以上が子ども
    人口の半数にあたる約1,840万人が人道支援を必要としており、その半数以上は子どもです。*1
  • 2,280万人が食糧不足に直面
    特に、320万人の子ども、70万人の妊婦や授乳中の女性が、栄養不良のリスクに陥っています *2
  • 国内避難民67万人
    2021年に入ってから国内避難民の数が増え続けています。*3
  • 厳冬期には氷点下10度
    標高1,700mほどの首都カブールでは気温がマイナス10度を下回ることもあります。

    *1 OCHA reliefweb:UNICEF Afghanistan Humanitarian Situation Report – 1–15 September 2021
    *2 WFP Afghanistan Situation Report
    *3 OCHA reliefweb:Afghanistan situation: Emergency preparedness and response in Iran, 2 December 2021

  • 2,280万人が食糧不足に直面
    特に、320万人の子ども、70万人の妊婦や授乳中の女性が、栄養不良のリスクに陥っています *2

AARが行う緊急支援

今必要なものを届けます

AARは12月1,2日に、アフガニスタン東部ラグマン県の国内避難民180世帯に、食料、毛布などの支援物資を配付しました。配布した食料には、小麦粉、豆、食用油、塩、砂糖などが含まれます。支援物資を受け取った家族は「十分な食料も医療サービスもなく、不安の中で過ごしています。日本から届いた支援は何より大きな支えです」と話してくれました。
(写真:緊急物資を受け取った子どもたち)

例えば

5,000円で
厳冬期を迎える避難民に二重の暖かい毛布を1セット届けることができます
10,000円で
小麦粉や豆、油、砂糖、塩など、6人家族の1カ月分の食料を届けることができます
10,000円で
小麦粉や豆、油、砂糖、塩など、6人家族の1カ月分の食料を届けることができます

アフガニスタン事業担当スタッフからのメッセージ

アフガニスタンの厳しい状況を目の当たりにして「支援しても何も変わらないのではないか」と思う時があります。しかしすぐに、支援を続けなければ、と思いなおします。なぜなら、私たちの支援を必要とする人がいるからです。今回の緊急支援においても、物資を受け取った人々からたくさんの感謝の言葉が寄せられています。しかし、支援はまだまだ足りていません。緊急支援にご協力くださいますよう、心よりお願い申し上げます。
紺野 誠二

AAR Japanとは


AAR Japan[難民を助ける会]は、国連に公認・登録された国際NGOです。

困難な状況にある人々のなかでも、さまざまな理由から特に弱い立場にある方々を、長期的な視点をもって支援しています。また、政治・思想・宗教に偏らずに活動することを基本理念としています。

1979年の発足以来、65以上の国や地域で支援を届けてきました。現在は日本を含め、世界14カ国で活動しています。

アフガニスタン緊急支援にご協力ください

アフガニスタンの深刻な人道危機は、すぐに解決することはできません。
困難な状況にある人々を支え続けるためには長期的な支援が必要です。
「継続的な寄付」でのご支援をお願い申し上げます。

あるいは
※指定された緊急支援活動に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合は、次なる緊急支援などに活用いたします。あらかじめご了承ください。

AARへご寄付いただくと寄付額の最大約5割が戻ってきます。

AARは東京都により認定NPO法人として認定されており、ご寄付は寄付金控除の対象となります。
詳しくはこちらから